すみだ珈琲 店主

日本各地をぐるっとまわった転勤族のサラリーマンを経験後、珈琲を勉強し独立しました、40代の元トライアスリートです。

すみだ珈琲

Author:すみだ珈琲
すみだ珈琲は、日本の伝統工芸江戸切子硝子のカップで飲める珈琲専門店です。
すみだの地に古くから培われてきた、江戸切子の秀逸な技を珈琲とともにご堪能頂けます。
珈琲は、スペシャルティコーヒーのうち、品種・生産地・精製方法が明確な豆のみを使用しています。

毎週水曜日、第2・4火曜日が定休日になります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

すみだ珈琲
【職人という生き方」展vol.18 江戸押絵羽子板】
 昨日に続き、今日も朝からいい天気になりました。
風が冷たいですが、気持ちがいいですね。

さて、ニッポンのワザドットコムの木下さんから
イベントのご紹介頂きました。

【職人という生き方」展vol.18 江戸押絵羽子板】
2015.12.2(水)~2016.2.29(月)8:00~20:00
パークホテル東京 25F「ART shop 掌」

観る側に迫る躍動感。心躍る歌舞伎の名場面を「押絵」という技法で羽子板
の中に再現する「江戸押絵羽子板」。第18回を迎える「職人という生き方展」
では、江戸っ子好みの“粋”が息づく縁起物、「江戸押絵羽子板」を取り上げ、
その魅力をお伝えします。

期間中は、墨田区の「すみだマイスター」に認定されている 二代目・西山鴻月さんの
「江戸押絵羽子板」を展示販売されているとのことです。
※「すみだマイスター」とは、優れた技術を持ち、
すみだの産業を支える付加価値の高い製品をつくる技術者を
「すみだマイスター」として墨田区が認定している制度のことです。

店内にも、チラシを置かせて頂いておりますので
是非、ご覧頂ければと思います。

「職人という生き方」展vol.18 「江戸押絵羽子板」





スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://chirotah.blog24.fc2.com/tb.php/255-25aaa7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)