すみだ珈琲 店主

日本各地をぐるっとまわった転勤族のサラリーマンを経験後、珈琲を勉強し独立しました、40代の元トライアスリートです。

すみだ珈琲

Author:すみだ珈琲
すみだ珈琲は、日本の伝統工芸江戸切子硝子のカップで飲める珈琲専門店です。
すみだの地に古くから培われてきた、江戸切子の秀逸な技を珈琲とともにご堪能頂けます。
珈琲は、スペシャルティコーヒーのうち、品種・生産地・精製方法が明確な豆のみを使用しています。

毎週水曜日、第2・4火曜日が定休日になります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

すみだ珈琲
昨日まで、うそ替え神事。
 昨日と一昨日は近くの亀戸天神ではうそ替え神事。

亀戸天神社のHPによると、うそ替え神事とは

“うそ”は幸運を招く鳥とされ、
毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり
一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると
信仰されてきました。

江戸時代には、多くの人が集まりうそ鳥を交換する習わしがありましたが、
現在は神社にお納めし新しいうそ鳥と取替えるようになり、
1月24・25日両日は多くのうそ替えの参拝者で賑わいます。

うそ鳥は、日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、
太宰府天満宮のお祭りの時、害虫を駆除したことで天神様とご縁があります。
又、鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似てることから、
学問の神様である天神様とのつながりが深いと考えられています。

亀戸天神社の“うそ鳥”は、檜で神職の手で一体一体心を込めて作られ、
この日にしか手に入らない貴重な開運のお守りとしてとても人気があります。

とのこと。

昨日の午後2時過ぎ頃には、
一部のうそ鳥が売り切れて手に入らなかった~という方もいらっしゃる程、
人気だったみたい。

更に、この機会に1年ぶりにお店に来ましたっ!という方も
何組か見えたのも嬉しいお言葉。
より一層、がんばらなくちゃっという気持ちにさせて
頂きました。
これもうそ鳥のおかげかな。


さぁ、今日も元気に11時にオープンです。
ご来店お待ちしております。












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://chirotah.blog24.fc2.com/tb.php/132-92b4fa86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)